[発達性発語失行症] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月29日 (火) | Edit |
チャー坊は発達性発語失行症と言う、発達障害を持ってます。(チャー坊につてはこちら
文字通り、言葉に問題のあるものです。
が、チャー坊のは軽症で、スピーチセラピーを6歳になってから、必要がなくなりました。

でも英語を母国語としない人を対象とする、ESLのクラスには週に2回お世話になってますけどね。

そんなチャー坊なので、言葉に関する事は苦手です。

毎日の宿題にリーディングと言うのがあって、3~4枚綴りの物語を、声に出し、何分で読めるかを記録するものだけど、子供だもん、急いで読みたくなっちゃうじゃないですか。

それがチャー坊にとっては最も問題になって来ちゃうんです。

確かに普通の子に言葉は追いついて来たけど、比べるとにんにんの方が遥かに上手にハッキリお喋りします。

そんなんだから、リーディングも気が急いじゃって、何を言ってるか全く聞き取れません。

当然成績は

最悪のDでした

AからFまでなので、最下位じゃなくてよかったけど、それからはチャー坊への提案。

急いで読もうとしないで、ゆっくりでいいからちゃんと発音するように努力する



金曜日に、2度目の成績表を持って来た2人。

にんにんはまだキンダーなので、多分評価が甘いと思うんだけど、ストレートでした。
中には1年生レベル、ってのがあって、Aプラスもありました。

2008_01280005.jpg




そして問題のチャー坊・・・。

成績表を広げる時、ヒヤヒヤしましたよ



やったぁ~~~!!

DだったリーディングがBに。
その他CだったものもAかBに。


Cまでがなくなっていたのにはビックリ仰天!!


いつも普通の子に比べてのんびり不器用なチャー坊。
頭の中身だけでも普通なようでホッとしちゃった。


チャー坊、努力すれば必ず報われる。
これからもこの調子でがんばろうね!!


2008_01280004.jpg


週末のにんにんのクラスのお便りで

2008_01280001.jpg

雪を知らない子供達に、小さなかまくらを作りたいので、タッパーウエアに氷を作って、一人2個持って来て下さい

とあったので、昨日重いのに頑張って持って行ったのに、持ってこなかった子がクラスの半分以上で作れなかったんですって。
その代わり氷の彫刻みたいなものを先生がしてくれたって。

かまくらは残念だったけど、楽しかったようです。



ブログランキングに参加中。
一日1ポチ有効です。
その一押しが励みになります。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



2007年03月07日 (水) | Edit |
多分いつかはこの事について触れようとは考えていた。
でもそんな勇気もなくて、今まで触れずにいたけど、きっかけは、先日
友達と話してて、彼女の知り合いの子が、なかなか言葉を発しない事
を聞き、もしかしたら同じような悩み抱えているお母さんが沢山いるか
もしれない。
そう言った方達がこれを読んでくれ、少しでも励みになったら、と思い
書く事にした。

そして又、同じ症状で、頑張ってるチビッコもいる事だし、完治とまで
はいかなくても、改善される症状なので、そんなチビッコ達には
頑張って欲しいので、書く事にしました。

今日の内容はかなり長くなります。

チャー坊、8月31日に生まれました。
あと1日お腹の中に留まってくれてれば、1学年違ったのに・・・。
誕生日で学年を遅らせる事のあるアメリカ。我が家はあえてしません
でした。

チャー坊、2歳検診で、意味のある言葉が出ず、引っかかりました。
この時期、きちんとした言葉にならなくても、マミィである『マーマー』、
ダディである 『ダーダー』、位は言えるもの。
うちはそれすら出てなく、でも個人差もあるし、母親は日本人なので、
もう少し様子を見ましょう、と言う事に。

チャー坊、2歳半でも進歩がなく、脳波、聴覚などの検査を受ける事に。
そして結果は

Development of Apraxia (発達性発語失行症) 

でした。

普段楽天家で、プラス思考の私。この時期はさすがに凹みました。
チャー坊に関しての夫婦喧嘩、この時期がピークでした。

病院系列のスピーチセラピーに通う事週2日。
チャー坊、2歳半からがんばりました。

ドクターからもセラピストからも、治る、と言う言葉が聞けないまま、
当初、どこまで改善するか分からず、母親なら誰でもそうだろうけど、
私も自分のせいなのだろか・・・と思いました。
私が何も言わなくても、ダンナは義母に
「遺伝ではないから」
と、遠回しに私のせいでもない事を言ってくれた。

言葉だけじゃなく、同じ年頃の子に比べると、ジャンプだって片足飛び
だって、随分遅れて出来たチャー坊。

歯が生えるのだけは早く
「食いしん坊さん」
と、私達はよくからかったものだ。

失行症だと分かるまで、私は日本語で接してたけど、それがチャー坊に
とって障害になるのなら・・・と思い、英語だけにした。
だからうちの子は日本語が理解出来ない、話せない。

セラピーが嫌で嫌で、泣いて嫌がる我が子を見ては、こんなに泣いて
嫌がるのに、無理してやらせたくない、と言う気持ちにもなりました。
私がそう言う思いを抱く度、ダンナとは言い争いになり、そして又
セラピーに連れて行く日々。
大泣きしながら私にすがりつくチャー坊。それでも無理矢理連れられて
別室へ行くチャー坊の姿、今でも忘れられません。

金髪&青い目がタイプのチャー坊、そんなセラピストから、ある日ズン
グリムックリのおばちゃんに変わってから、反応も見せなくなってしま
い、セラピストとの相性が悪くなってしまって、それから友達に紹介された、
スクールでセラピーをしてる方に、家に来てもらってのセラピーが
スタート。

チャー坊にとってラッキーだったのが、彼女が完全にタイプ
だった。
でも相変わらずセラピーが嫌で、泣き喚くチャー坊。
プライベートと平行し、現在チャー坊の通うスクールでのセラピーにも
通った。

3歳になっても話せなかったチャー坊。4歳の誕生日を境に話すように。
それからはグングン進歩が見られ

「早くて5歳、遅くても6歳にはセラピーが必要なくなる」

この言葉が、私達夫婦にとって、それだけ励みになった事か。
5歳の時点では無理だったが、6歳になって暫くしてから、セラピーを
止めて、様子を見ましょう、と言う事になった。

その時対応してくれた方がおっしゃってた。

「発語失行症の改善には、早期発見と根気が必要。
 早めに対処した結果ですよ。お父さんもお母さんも、
 なによりチャー坊、よく頑張りましたね」


これを聞いた時、彼女が神様に見えました。

8月31日生まれのチャー坊、なぜ1年遅らせなかったか。
なるべく刺激を与えたかったから。
話せない事で、いじめに遭うんじゃないか、他の子と違う事を感じて
卑屈になるんじゃないか、など色々な不安もあったけど、もし治らな
かったら、そう言った環境も事実も、チャー坊本人が受け入れるよう
に、精神面でも強くならなければならない。
だからこそ、3歳からプリスクールに入れ、刺激を与える事にした。
1年遅らせる事はいつでも出来る事だし。

にんにんが生まれた事も、チャー坊にとってはいい刺激だった。
18ヶ月違いで生まれたにんにん。
その時点ではまだチャー坊に問題があるとは知らなかった。
でももし知っていたら?にんにんを産む気になったであろうか?
早くに、知らない時点でにんにんを授かって、本当によかったと思う。
もしかしたら、出逢わなかった命である。

今もそうだけど、にんにんが出来る事がチャー坊には出来ない事も
まだあるけど、にんにんに負けたくないチャー坊は頑張って、それが
出来るようになるのだ。

チャー坊や私自身が誰かと親しくなる度 『この子ちょっとおかしい』
って思われるのが嫌で、最初からチャー坊に問題がある事を話、防御
してたけど、これからはあまり気にしないでいこうと思う。

まだまだチャー坊は、同じ年頃の子と違って、言葉も運動能力も全て
に置いて追いつかないけど、でもとっても優しくて、穏やかで、いい子
だと私は誇りを持って言える。

まさか自分の子に、小さな異常でもあったら、それを認めたくないのが
当たり前だと思うし、私もそうだった。
でも認めることによって、道は開けるのだ。
幸いチャー坊は、発達障害の中でも軽い方だった。

もっと大変な問題を抱えたチビッコ達も沢山いるけど、負けないで
頑張って欲しい。

そして失行症を持つチビッコのお母さん、お父さん、改善されるから、
諦めないでがんばって!!


長々書いてしまいました。
読んで頂いてありがとうございます。
今日も1押しして下さい。
    
     



テーマ:海外で育児
ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。