[b-glanの試供品を買ってみた] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月05日 (日) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    

NZに住むKayちゃんがバナーを作ってくれました。

いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!








皮膚科のドクタープロデュースの化粧品が今、大人気だ。


この前ミュラドと言うのを朝だけ使ってたんだけど、使用して数ヶ月、ちょっとお肌のキメが荒くなった気がし始めた。

思い当たるのは、化粧水も乳液も日焼け止めも一緒になったモイスチャーではないかな、と思うの。

ある程度の年齢になったら、化粧水はタップリ、潤いが絶対的に必要になる。それなりのお肌の状態に合わせてのスキンケアが大事だと言うのに、ミュラドを使用する際、私はお肌に優しい事と、手間を省けると言う事だけで選んだのだ。



前にも書いたけど、実は私、見かけによらず敏感肌。
見かけはメチャクチャ頑丈ですよ~!

とある化粧水をつい先日使ってみたら、お肌がヒリヒリ。
チークも一度つけたら、その後3日ほどはつけなくてもいいほど頬が赤くなったままなの。


でもこれはベアミネラルと言う化粧品を使って解消されたけど。
(ミネラル成分で出来てるのでお肌に負担をかけない)

ちなみにベアミネラル、ここでは化粧品を取り扱ってる ULTA  や Sephora で入手可能。


ここのところ、どのスキンケアにしようか、出来るだけアメリカで購入出来るものを、と考えてネット検索していたら


 b-glenと言うのが目に留まった


シミ&美白、シワ&たるみ、にきび、毛穴の悩みなどに合わせて選べるらしい。 


1週間分の試供品が安く売ってるのだけど、それすらちょと躊躇してたけど、美肌と来ればこの人!!毎日遊びに行ってるありさんに相談したの。


この化粧品はどうかしら? って


ありさんの評価は結構高いものだったので、試供品購入を決意!!


ありさんは美に関するあらゆる事に貪欲に取り組んでおり、ダイエットから化粧品まで情報が一杯詰ったブログを書いてます。


ありさんのブログ  美肌コスメを求めて


私はずっとメイクアップの方に関心を寄せてたけど、30歳を過ぎてからはスキンケアに重点を置くようになりました。
年齢は重ねるので、スキンケアに関してはもっと重要視するようになりましたね・・・。



そして商品が届いて約1週間。


2008_10030014.jpg


夜は日本から取り寄せてるスキンケア商品を使用してるので、朝のみ使ってます。

感想は・・・


いいですよ~


ある程度年齢がいったら、泡の立たない洗顔料の方が、お肌に優しく、洗い過ぎを防いでくれるのでいいらしいけど、ここの洗顔料はメイクまで落とすくせに、洗い上がりが突っ張らず、潤いをキープしたまま。

とある会社の洗顔料も泡立たないのがあるんだけど、こちらはすこーしだけスクラブが入ってて、肌を刺激してちょっと私には無理だった。 


洗顔後の化粧水も刺激がないし、なんと言っても


ビタミンCの美容液


肌に吸い込まれるように浸透し、効いてるかも~、と思える。 

ただしビタミンCは太陽の下にさらされると、シミを作る原因になるので、外で過ごさない日だけ朝使用し、これは夜も使用してます。




そしてその後が 


コラーゲン美容液


ちょいと奥さん~、コラーゲンですよ、コラーゲン。

これも浸透力がよく、しっとり感が使用したその日に実感出来るほど!


b-glenのHPが日本語だし、アメリカで購入って言うのをクリックすれば、ちゃんとドル表示されてるばかりか、試供品のパッケージ自体が日本語で書かれたもの。

これはありがたい。

私は欲張って、シミ&美白、シワ&たるみ、毛穴の3タイプを買っちゃった。
だってどれも気になるんだもん。


試供品が安いので、試してみて下さい!
お勧めですよ~。


 

 

b-glen のHP


 

ベアミネラルのHP


英語はここ

日本語はここ





私は専門家ではないですが・・・

脂性だとお悩みの方、水分補給(潤い)を重点的にしてみて下さい。
乾燥から来る、お肌自体が皮脂を作る働きを弱めてくれます。


にきびでお悩みの方、洗い過ぎに気を付け、やはり水分補給もして下さい。

私の経験上からでした。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。