[ツイスター] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年02月04日 (日) | Edit |
今朝早朝、電話が鳴った。
実家の弟からで、フロリダで起きた竜巻の被害に遭ってないか、時差な
ど考えも出来ず、心配しての電話だった。

2月2日午前4時半、Tornado(竜巻)は、オーランドから北に向かった
高齢者が多く住む地域を襲い、今朝のニュースでは20人が亡くなった。
その中で、子供3人と両親を巻き込んだ竜巻は、2人の女の子を残し、
その両親とお兄ちゃんを失った。

同じ頃我が家では、にんにんがカミナリが怖い、稲妻がすごくて怖い
と、私達のベッドに潜り込んで来てた。

午前4時半、誰もテレビも見ず、ラジオも聞かず、寝てる間の出来事に
人々はなす術もなかったろう。

私が竜巻の恐ろしさを知ったのは1998年。
その年の竜巻の死者数は今のところ最高の22人。

ダンナが出張中で(その時は結婚前)竜巻が起こる前々日、テレビで
映画『ツイスター』をやっており、その映画で竜巻を英語で“Tornado”
と言う事を初めて知った。
前日はダンナの友達で、私のゲーム友達であるJ氏とNBA観戦に出かけ、
その日は悪天候で『ツイスター』を見た事、竜巻の単語を覚えた事
などを話、竜巻って怖いね~と話してた。
夜、その当時飼っていた耳の聞こえなくなった老犬がソワソワし、なん
とも言えない生暖い空気。老犬は不自然に吠える。
胸騒ぎを覚えた私はニュースチャンネルを点け、その当時あまり理解
出来ない英語だったけど“竜巻警報”だけが理解出来た。
すでにパジャマに着替えてた私は急遽服を着、靴を履き、毛布片手に
テレビを見続けた。(毛布はそれを被ってクローゼットに逃げ込む為)

そんな不安な夜を一人で過ごし“警報”がテレビの画面から消えた時に
やっと眠りに就いたのだけど、起きて新聞を広げてビックリ。
そこには車が屋根に突っ込んだ写真などが載ってた。

赤ちゃんを抱いてた父親の腕から、何故か赤ちゃんだけが竜巻にさらわれ、
幸いにも木に赤ちゃんが引っかかって助かってた事、うちから車で
約20分のダンナの実家では、ご近所の家が被害に遭い亡くなった事、
ある家は大丈夫なのにお隣が崩壊した事、などなど、初めて身近で
目に耳にするニュースは酷いものだった。

ここに住んでる限り、毎年ハリケーンや竜巻に遭う可能性がある。
つい数ヶ月前も近所で竜巻が発生し、小さい物だったけど、フェンスを
壊したり、煙突を壊したり。

今回の被害、これ以上死者が出ない事を願うばかりだ。
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
hへ~やっぱり凄いね。
自然現象にも恐ろしいことがあるよね。
でも無事で何よりです・・・

朝から東京も凄い風だよ。
出かけられるかな?
2007/02/03(Sat) 20:40 | URL  | かんち #-[ 編集]
NoTitle
かんちさん

自然災害ほど恐ろしい物はないと、ここで暮らすようになって、
身近に感じるようになりました。
ハリケーンがこの辺を襲った時、朝起きてみたら庭の木が
根こそぎ倒れてて、一瞬自分の家の庭じゃないようだったよ。
でもそれだけで済んでよかったのだけど。

今日こちらも寒かったの。
私の実家では吹雪だって。
2007/02/03(Sat) 21:16 | URL  | ree #-[ 編集]
NoTitle
自然には逆らえないって実感しちゃうね。
日本では竜巻なんてめったにないでど昨年北海道で竜巻があった時はニュースで見て驚いたよ。
ほんと、恐いと思った。
何事もなくてよかったです。
2007/02/04(Sun) 11:05 | URL  | ジュン #-[ 編集]
NoTitle
ジュンちゃん

本当に怖いと思うよ。
嵐の前の静けさって、こう言う事なのかしら?って98年に
竜巻が起きた時に感じたもの。
2007/02/04(Sun) 11:28 | URL  | ree #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。