[父に捧げるプリン] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月09日 (金) | Edit |
題名ほど大袈裟なもんじゃないけど、昨日は父の命日だったんです。
55歳で逝ってから早いもので12年。

生前の父は本当にあったかい人で、子煩悩で、叱る時も穏やかで、私はそんな
父が大好きなファザコンです。

実家に帰れば父にベッタリ。
週に一度実家に電話をし

「お父ちゃん、大好き!!」

と言えば

「ば~~か。このポン!!」

テレながら返す父。
父と最後に言葉を交わしたのもこれだった。

まさかそんな父が、朝仕事に出たきり帰って来なくなるとは、家族の誰一人
思わなかった。

仕事帰りに具合が悪くなった父は、路肩に車を止め、その中で息絶えているのを、
長時間駐車されてるのを不審に思った、通りすがりの人によって発見された。
頚動脈の破裂で、ほぼ即死状態だったらしいから、苦しむ事もなく、父にとっては
いい死に方だったとは思う。

行き先だけを叔母に告げ、宿を伝えず温泉に行ってた私は、当時携帯も持って
いなかったから、アパートに帰宅し、膨大な留守番電話のメッセージによって父の
死を知った。

夜も遅く、電車もなくなっていたので、朝一番の新幹線に乗り、隣の市からの
ローカル列車は待ち時間も長く、タクシーに乗って向かった実家。

「嘘でありますように」

実家の前に飾られた花輪を見て、父の死が本当なんだ、と初めて感じた。

父の死を大分遅くに知った私。
今も旅行になんて行かなければよかたっと後悔してるし、多分これからもその
後悔の思いが消える事はないと思う。


父の葬儀が終っても、その悲しみが癒えない私に

「いつまでも悲しんでばかりいると
お父さん、成仏出来なくなっちゃうよ」


そう言われても立ち直れず、幽霊でもいいから逢いたいと願った。


それなのに父が亡くなって以来、父の夢を見ても声が聞こえるだけ。
顔も見せてくれない。
今でも夢でもいいから逢いたいと思うのに。


11月8日はそんな父を想い、父の大好きなプリンを作る事にしている。

もっとも父はスーパーで売っている100円くらいのを好んで食べてたんだけど。
いつも冷蔵庫にあったプリン。
今思えば父の為だったんだなぁ・・・って父が亡くなってから思ったけど、実家に
住んでた時は、子供である私と弟に常備してあるんだとばかり思ってた。


離婚して女で一つで育てられた父は、沢山の我慢をしたと聞いた事がある。
そんな父が私に常々言ってきた言葉がある。

人の命なんて分らないもの。
だからこそ後悔のないように生きなさい。
失敗したら戻ればいい。
親に迷惑はかけてもいい。
人様に迷惑は掛けるな。
笑って死ねる人生を送りなさい。



頭が悪くても元気で優しく育てばいいと思ってくれていた父。
怒鳴る事無く、いつも諭すように叱ってくれた父。

そんな父は私の目標であり、支えである。


命日の朝、今日はじいちゃんの命日なんだよ、と子供達に言ったけど


へ?

とした顔をしたチャー坊とにんにん。
一度も会った事のないじいちゃん、死んだ日、と言われてもピンと来ないらしい。


じいちゃんが12年前の今日、エンジェルになったんだよ。

そこでようやく納得する2人。
里帰りでは祖母と母と一緒に毎日仏壇に手を合わせてたのを覚えていて、2人とも
手を合わせ


ナンマ~ナンマ~
(波阿弥陀仏です)

ニョ~~ンニョ~~ン

ちょっと違うけど、ま、いーか。

2007_11080002.jpg

2007_11080003.jpg




同じ辰年に生まれたチャー坊。
勝手に父の生まれ変わり?と思っている私。
ここもポチポチポチ☆と応援ください。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
テーマ:命日
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
お父様の命日だったんですね。
私は親が健在であるから
いなくなるという感覚が実感できません。。。
私も父親の事は尊敬してるけど
よく性格も似てるしで、結構衝突する事が多くて。
なので、少し離れてるくらいがちょうどいいのだと思ってます。
いずれいなくなるんだろうけど、考えられないですね。

人の人生なんて一寸先は闇です。
何が起こるかわからない。
私の異性での親友がお昼過ぎまでは元気だったのに
夕方には亡くなってしまった人がいます。
私の1つ上の人で、当時まだ30代前半の時。
突然の出来事でショックでしたね・・・。
私も後悔のないように生きていきたいと思ってます。
親には今でも迷惑かけっぱなしですけどね。汗
親に甘えられる時に甘えるのも親孝行の1つですよね。
なーんて、勝手に自分のいいように解釈してますけど。。。
ポチ☆
2007/11/09(Fri) 11:26 | URL  | ひよっこまま #1pePe9AQ[ 編集]
はじめまして
はじめまして!最近よくブログを覗きにきてます。

お父さんの命日だったのですね。私も父を20年以上も前に病気で亡くしています。
そしてもっと驚いたのはうちの父もプリンが大好きだったことなんです。なので命日や誕生日などには仏壇にプリンをお供えしてたんです。でも私もアメリカ人と結婚してアメリカに来てしまったので
プリンはお供えできないけど父の日や誕生日には実家にカードを送っていますよ。
なんだか同じ境遇といのかすごいなあ・・・って思ってしまって
コメントさせていただきました。
いきなりですみません。同じアメリカに来て色々なことありますけど頑張っていきましょう。
ブログ毎回楽しみにしてます。
2007/11/09(Fri) 11:44 | URL  | シュレックママ #-[ 編集]
12年ですか・・・。
時の流れは速いですね。
reeさんは、お父さんといい思い出があって
いいですね。その思い出はいつもreeさんの
心の中にあります。
お父さんのおっしゃったように、後悔の無い人生を
送りたいですよね。明日の事は誰にも分からない・・・。
私も12年前に母を亡くしました。
亡くなった親の事を考えると、未だに暗くなる私です。
プリン自分で作ったんですね。
子供達が美味しそうに食べてます。
ナンマ~ナンマ~は納得、
ニョ~~ンニョ~~ンは何かな?
ポチポチ!
2007/11/09(Fri) 12:25 | URL  | Mrs.Krabs #C8yVuyDQ[ 編集]
お父様の命日だったのですね・・・。
reeさんがこうして今、素晴らしいご主人と可愛い二人のお子さんに囲まれて幸せに生活されていること、きっとお父様は天国で見守ってくださっていると思います。
お父様がおっしゃった言葉、心に染みます。
いい人生だった・・・と思える日々、送りたいなとしみじみ感じました。
プリンを頂きながら、きっとお父様がそばでにっこりと笑っていると思います。
応援、ポチx3☆
2007/11/09(Fri) 13:45 | URL  | クリスタル #zwLapsbc[ 編集]
こんばんわっ♪ありです
笑って死ねる人生を・・・
なかなか言える言葉じゃないですね。
素敵なお父さんだったんですね
好きだったプリンを毎年命日に食べるっていうのも
なかなかできることじゃない・・・
思いは必ず届いてると思います。
お父さんはこんなに思われて幸せですね。

来年はでっかいバケツプリンに挑戦してみてください。
びっくりして登場してくれるかもしれませんよ(-^艸^-)

凸 凸ヾ(▽⌒*)
2007/11/09(Fri) 13:56 | URL  | 美肌コスメあり♪草花木果 #-[ 編集]
おいしそうなプリンだね。私もプリンのこと考えてたんだよ。まじで。このごろ食べてないから作ろうかなぁって。子供達のおいしそうな顔見て作ることにしたわ~!
reeちゃん、タイプ打ちながらウルウル来ていませんか。
12年かぁ、長いネェ。自分がコロッと痛みもなくスーッと逝ける事をねがうけど。やはり残された家族の事を思うと・・・
誰でも若くして死んではいけません。100歳まで長生きをして欲しい。
うちのおばあちゃん、65歳で死んだの。今でも夢に出てくる。
経営していた食堂で、一生懸命働くばあちゃん。
見る度に同じような内容なの。なんでだろうね。
私にとってはそこの思い出が一番強いのかも・・・
reeちゃん、いつかお父さん夢に出てくるといいね。
でも、起きたら悲しくなっちゃうかな??
2007/11/09(Fri) 14:50 | URL  | 千恵 #-[ 編集]
ひよっこままさんへ
私も父が亡くなるまでは、いつかはいなくなる、とは思っていても、心のどこかでずっと生きている、みたいに思っていたんです。
母から言わせれば、私は食の好みから性格まで父にソックリだそう。
心配するのは親なんだから当たり前。
いくつになっても、ちゃんとしていても、子供は子供なんだから心配なんだ、って父は言っていました。
若くても、人の命は分らないもの。
後悔のない人生でありたいものですね。
応援ありがとうございます。
2007/11/09(Fri) 14:54 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
シュレックママさんへ
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
プリン好きの父なんてうちくらいなもんだろう、と思っていましたが、奇遇ですね。
私もこれだけ同じ境遇の人、初めてです。
シュレックママさん、ブログをされてましたら、是非URLを教えて下さい!!
こちらからも遊びに行きますので。
2007/11/09(Fri) 14:57 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
Mrs.Krabsさんへ
12年、あっという間でした。
こんなに12年が早いものだとは。
実家が自営で、嫁である母はいつも働いてたけど、自営であるのになぜか外で仕事をしてた父がいつも遊び相手、話し相手だったんです。
私も毎年この日は涙が出ちゃうんです。
去年まではプリンをあまり好んで食べなかった2人ですが、今年はお代わりをするほど好きになりました。
昔ね、小さい頃に仏様、って言えなくて、ニョンニョン様って言って曾祖母に教えられたんです。
その流れで子供達にもニョンニョン様って教えてしまったので。
応援ありがとうございます。
2007/11/09(Fri) 15:01 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
クリスタルさんへ
きっと父の事だから、私の子育てを呆れて見てるかもしれません。
今思えば怒った顔すら見た事ないように思うんです。
私は死ぬ時に、ピースサインをしながら逝く事が一つの目標なんだけどな・・・。
応援ありがとうございます。
2007/11/09(Fri) 15:03 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
美肌コスメあり♪草花木果さんへ
父は自慢の父でした。
恐らく父の死がなかったら、こんな遠いアメリカまで嫁ぐ事はなかったな、って思いますよ。
後悔しないように、って思ってたら来ちゃった!!
父に似て私も大のプリン好きなので、命日じゃなくても結構作っているんだけど、食べる度に父を思い出しますね~。
応援ありがとうございます。
2007/11/09(Fri) 15:06 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
千恵ちゃんへ
勿論、千恵ちゃんレシピだよ。
何で分った?ウルウルどころかボロボロ涙が出て来たよ。
65歳か・・・若かったんだね、千恵ちゃんちのおばあちゃん。
そうだよね、若くて逝っちゃいけない。
親より早く逝っちゃいけない。
父が死んだ時、祖母や祖母と別れた祖父が酷く悲しんで、子に先に逝かれる親ほど辛いものはないんだと思った。
父が夢に出て来たら・・・どうだろう、すごく嬉しいと思うけど、涙も出ちゃうかもしれないね。
2007/11/09(Fri) 15:10 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
お父様の言葉、本当に心に響きます。
後悔のないように・・・失敗すれば戻ればいい・・・。
素晴らしい方ですね。
自分の子供にこういうことを言える人って本当に尊敬します。

お父様も、reeさんの手作りプリン、喜んでるでしょうね。
毎年作ることでチャー坊君やにんにんちゃんも「おじいちゃん」の存在を近くに感じることができますよね。

いつかreeさんの夢にお父様、出てきますように・・・。

2007/11/09(Fri) 16:19 | URL  | じゅあもんママ #-[ 編集]
読んでて私までうるうる来てしまいました。
お父様、reeさんが作るプリンを喜ばれてるでしょうね。
子供達もおじいちゃんに実際に会ったことはなくても
毎年命日にプリンを食べる事で、おじいちゃんの事を
身近に感じる事が出来てるのでしょうね。
プリンを食べるチャー坊とにんにんちゃんをおじいちゃんが
ニコニコしながら見守ってるんだろうな・・・。
2007/11/09(Fri) 17:27 | URL  | akko #7sIMPliM[ 編集]
やだ~、reeさん、泣かせないでよ。
PCの前でウルウルしちゃいました。
お父様の命日、12年経った今でもこういう風に
思われてるお父様、幸せだよ。
私も、父を亡くしてるので(享年54歳、reeさんの
お父様と同じく若いよね)reeさんの気持ちが
すごくよくわかる。
日本のおじいちゃんに会ったことのないうちの子供たちだけど、
空を見上げて、”おじいちゃん、元気?”
なんて言ってるよ。
reeさんのお父様も、うちの父も
まさか娘がこんな遠くまで嫁に行くとは思ってなかっただろうね。(笑)
2007/11/09(Fri) 17:48 | URL  | yuko #fuDbfHLw[ 編集]
素敵なプレゼントですね。感動。
お父さんもおっきな口で食べてくれてますよ~!
プリンを食べてまごちゃんの笑顔に喜んでるはず!!
2007/11/09(Fri) 20:06 | URL  | サリー #sCdCES4I[ 編集]
うちは両親とも健在ですが
後数年で定年を迎えるように・・・
いまは元気ですが突然ということも考えれる歳

私が大学に行った10年程前から親は夫婦二人暮らし
兄も他で住んでますんでね

いづれ、両親に親孝行をって思うのですが
青森にまで来て失敗して帰ることはできません
親が元気なうちに小さい旗でもあげたい・・・
2007/11/09(Fri) 20:20 | URL  | 牧場の坊っちゃん #-[ 編集]
じゅあもんママさんへ
失敗して戻るのって、時には勇気がいることなんだ、って思った
事もあります。
私も父から言われた言葉を、いつかは子供達に言いたけど、父のように寛容じゃないので・・・。
プリン、どうでしょうね~。
プッチンプリンの方がいいのに・・・って思ってるかもしれません。
2007/11/09(Fri) 22:52 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
akkoさんへ
いつか子供達が「おじいちゃんはどんな人だったの?」と聞かれたら、色々話してあげたく思ってます。
偶然なのか、縁なのか分らないけど、義父が父と性格が似てるんですよ。
だから義父が子供達と遊んでくれるのが、私にはとっても嬉しいんです。
2007/11/09(Fri) 22:54 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
yukoさんへ
yukoさんのお父様もそんなに若くして亡くなられたんだね。
まさか自分の親がこんなに早く?って思ったよね~。
おじいちゃんに会った事はないけど、いっぱいおじいちゃんの話しを聞かせたいよね~。
もし生きてたら、こんなに遠くに来ても、きっと会いに来てくれたんだろうな、って思うと寂しいよ。
2007/11/09(Fri) 22:58 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
サリーさんへ
実家にいた時は、自分のプリント思って食べちゃってましたからね~。
よく父も何も言わなかったなぁ、って思います。
でも娘である私も、孫であるチャー坊もにんにんもプリン好きなので、父は「俺に似たじゃねえか!!」って喜んでると思います。
2007/11/09(Fri) 22:59 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
牧場の坊ちゃんへ
何言ってるんですか!
私なんてアメリカまで来ちゃいましたよ~。
どこに住んでも、何をしていても、元気で幸せでいてくれれば親は幸せなんだ、って親は思うらしいですね。
坊ちゃんのご両親もそう思われていると思います。
2007/11/09(Fri) 23:02 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
お父様が亡くなってから12年もたつんですね。
でもお父さんはreeさんのソバにいつも居ると思います。
ちゃんとプリンもわかっていてすごく喜んでいると思いますよ。
昨年母をなくしたのですが、やはり月日がたっても悲しみは消えませんよね、私も何か母の為に作りたいな~と思いました。
そしてなんだ一人で居る父にものすごく会いたくなりました!

夏に一周忌で日本に行ったときに娘は、なむもお~ほう~とお経を覚えてきましたよ(笑)

人はイツ死ぬかわからないですから、やはり思い切り青春していたいですね!(笑)

プリンは簡単に作れますか?
今度是非レシピ教えてくださ~~い。
2007/11/10(Sat) 00:32 | URL  | ベルボトム #-[ 編集]
ベルボトムさんへ
お母様、去年ですか・・・離れて暮らしてるだけにお辛かったでしょうね。
実家は弟家族もいるし、祖母もいるので私は安心してはいるけど、でもやっぱり時々すごく母に会いたくなりますね。
娘ちゃん、えらかったですね。
ちゃんとお経も唱えられたんですね。
レシピ、友達から教えてもらったものなので、週明けにでも内緒で教えますね。
2007/11/10(Sat) 10:20 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
こんばんは。
お父さん、プリンが大好きだったんですね。
命日に子供と孫がこうやって大好きだったプリンを食べてくれて思い、幸せに暮らしているところを天国から見れて、お父さんも幸せだと思いますよ。
人の命なんて分からないもの。って、私もそう感じることあります。
ホント、後悔のないように一生懸命生きたいですね。
2007/11/10(Sat) 10:58 | URL  | だじゃれパパ #otoiTCM6[ 編集]
だじゃれパパさんへ
父のプリン好きは、初めて実家を離れて暮らし、初めての帰省で知ったんです。
考えてみれば、お酒は飲んだけど、酔うほど飲む人じゃなかったし、パフェとかも食べてたなぁ・・・って。
こんなに早く逝ってしまうなら、地元で生活してればよかったな、って思う事もあるけど、そうすれば今の私はないんですよね~。
2007/11/10(Sat) 11:04 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。