[銃についてどう教えるべき?] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月02日 (金) | Edit |
昨日は子供達、今学期1度目の成績表を持ってまいりました。


2007_10300031.jpg

チャー坊は・・・あえて書くまい。
普通よりちょっといい位だけど、相変らず言葉の面で問題があるようで、月末、
これで一体何度目だろうか。面談が待っている。
チャー坊の担任の先生は、このスクールが設立されて以来いる方で、父兄の
評判もいいベテラン先生なのだが、成績表を見ると、かなり評価を厳しくしてる
なぁ、って思っちゃった。


2007_10300032.jpg

一方にんにんはこんな私からよくぞこんな子が・・・と思うほどよくてビックリ!!
でもまだキンダーだから、これからどうなるか分らないけどね。


ダンナと2人、子供達を前に成績表を見ていた時、チャー坊の今日の出来事の
報告があった。
チャー坊、滅多に報告しません。
報告する時はとんでもない報告が殆ど。
昨日のもその話を聞いてから、私は疑問に思っています。

その話とは・・・


数年前、まだチャー坊の先生が1年生を教えていた頃 


銃を学校に持って来た男の子がいた 


彼は自慢気にお友達に話していたらしい。

そこをたまたま通りかかったチャー坊の担任に、その場にいた女の子が報告した。
そして当然の事ながら警察が来て、親も呼び出されたのだけど、なんとその親は


銃を持って来て何が悪いんだ!?


そんな風に言ったらしい。
当然退学処分になったのだけど・・・。


要するに、先生はこう言った事例を挙げて、銃をスクールに持って来ちゃいけない。
銃はいけないんだ、と言う事を話したらしいが、ここで私は疑問に思った。

実際あった事を話すのは構わないと思うけど、その男の子の父親が言った言葉
まで生徒達に言うべき事ではなかったんじゃないかな?って。


銃を所持=ポリスマン=正義の味方


銃を所持=悪い人=警察に捕まる


チャー坊の頭の中はこんな感じなのだけど、この父親の言葉がかなり印象に残った
みたいで、お風呂の時間も繰り返し話してた。
だからその時に

「母ちゃんは銃は嫌いだな」

こう言った私の言葉に対し


「うん。でもターゲットが獲物だったりする

のは大丈夫なんじゃないの?」



この答え方、私が銃に対して反対の言葉を述べた時にダンナが私に言う言葉なの。
こんな風に答えたチャー坊に、もうちょっときちんと突っ込んで話す時が来たのかも
しれないな、って感じた。


確かに猟も行われるこの土地で、銃を持ってる人がいる。義父もダンナもそう。
でも子供達の目には触れないように保管してる。


義父方の先祖は、初めてフロリダに住んだ中の1人。
昔から猟をし、生活の糧にして来た。
そして義母方もまた先住民を先祖に持つ。
これも又狩りをし、生活して来た。

私はお肉は食べるけど、趣味で動物を殺す事は大反対。
鹿狩りが解禁され、親戚が仕留めても、それは私は拒否して食べない。


猟の対象となるシカなど、大量に繁殖させない為に猟が認められている。
猟をする時に取得するライセンスの収益金は動物保護に使われてる。


とダンナからは教えられたけど、どうも私の中では納得出来ないのだ。

ダンナのように

猟はいいけど


と言うのに反し


銃を持つ事自体絶対反対


の私。
ダンナの方は先祖代々狩りをしてる訳だから、根本的に私とは考え方も異なる。
こんな中で子供達にどう教えて行くのが正しいのか、正直言ってよく分らない。


取り合えず、チャー坊の先生が銃について話した内容にダンナも疑問に思っている
ので、今日面談の要請を出した。



この話題とは異なるが、昨日スクールからお便りが来た。




続きの前にここをポチポチポチ☆とお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
2007_11020004.jpg


うちの近くにUCFがあるのだけど(大学です)、そこの生徒が Staph に
感染した旨なのだけど。


ブドウ球菌感染症

 
普段耳慣れないこの感染症。
普段から清潔にしていればかかる事はないのだろうけど、どうしてその生徒が
感染にかかったかは明らかにはされていない。


子供達が学校に行くと、色々もらって来るとは言うけれど、感染症など、危険と
思われるものは持って来て欲しくないものです。
テーマ:海外の小学生
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
私もreeさんと同じ考え方です。
銃規制に関しては、警察は持った方がいいなと思うんですけど、市民は持たないという日本型の規制がいいです。
法律か条令かで銃の購入について21歳以上とか年齢制限がありそうですけど、これの趣旨がズバリ理由でしょうし、ルールをちゃんと守らないといけないって説明だけでも十分だと思います。
2007/11/02(Fri) 11:27 | URL  | だじゃれパパ #otoiTCM6[ 編集]
おはようございます♪
そうですね。私個人としても、銃の所持は反対です。
担任の先生も、そこまで1年生という低学年の子供たちにいう必要はなかったかと思います。
まだ幼い子供には混乱を招くだけですね。
自分の身を守るためには仕方ない・・・という人がいるようですが、それが結局事故に結びつき、子供がおもちゃのように遊び誤射が後を絶たないことも現実です。
人間は昔っから動物をハントし、それを糧としてきました。
そこには生きていくためのしっかりとした理由がありました。
時代は変わり、銃に対する意識が全く変わった今、しっかりと銃の使い道、ハンティングも含めて子供には教える必要がありますね。
身を守るということは、人を傷つけ、時に生あるものの命を奪うことにもなるのですから・・・。

応援、ポチx3!
2007/11/02(Fri) 11:43 | URL  | クリスタル #zwLapsbc[ 編集]
う~~ん(^^;) どっぷりと日本の生活に馴染んでしまっている無芸には、“民間人の拳銃所持権”と言う事象だけでも、充分に違和感を感じてしまいます。

猟銃と護身銃って、根本的に用途が違いますよね。 当然日本でも猟銃を所持する事は出来ますから、コレは狩猟の善し悪しは別にして、違和感は感じません。

先生の伝え方には、やはりデリカシーの無さを感じますが、護身銃が日常のアメリカ社会ならではの、感覚の相違もあるかも知れません。

何れにせよ、アメリカ国民の多くが「護身銃は不要」と思える社会環境になる事。 そのたたき台が無ければ、護身銃の放棄は進まないでしょうね。 こんな話題をお聞きすると、つくづく日本って希有な国だなぁ~と思います。
2007/11/02(Fri) 12:01 | URL  | 無芸大食 #KVUpfCRI[ 編集]
私もreeさんと同じく、銃を持つこと自体に反対です。
でも、アメリカで銃の所持を規制することは難しいだろうなと
思いますね。
狩猟を趣味としている人も多いし、違法に銃を所持している人も
これまた多いし。
私が恐ろしいなと思うのは、新聞に入ってくるスポーツ用品店の
広告の一面にドーンと銃のセールのお知らせが載ったりする事です。
子供でも簡単に銃を目にする事ができるアメリカに住んでいることに改めて気が付かされ、ぞっとします。
2007/11/02(Fri) 12:54 | URL  | akko #7sIMPliM[ 編集]
カナダも規制が厳しいとは言え、日本のように完全に違法!という訳ではない
みたいですからね。発砲事件は当市でも、多々報告されています。
長男お友達にも、誕生日に銃を買ってもらったと話す子もいますよ。
おもちゃ感覚?と空恐ろしくなりますが。

学校で避難訓練しますよね?ストレンジャーの。ストレンジャーの基準(?)
ってやっぱり、刃物所持とか銃所持とかじゃないのかな?
生徒はストレンジャーの持つ銃と、ハンティングの銃が、違うものである
という教育を受けなくてはいけませんね。って、学校は、ハロウィンの
おもちゃの刀ですら、持って行ってはいけないという約束ですけどね。

でも、持っていなければ身を守れないという実情もあったりするん
だろうし、難しい問題ですよね......。家庭での親の考え方が、本当に
社会の源になっているんだなあとつくづく実感しました。

レポートカード、早い!!!
2007/11/02(Fri) 12:59 | URL  | とくだいまま #MiGEEDp.[ 編集]
だじゃれパパさんへ
法を交えて教える。だじゃれパパさんのおっしゃるように、それが一番適切なのかもしれないですね。
ルールを守らないのはいけない事、と本人も分っているので。
こう言う事が家族間で話題に上る度、私は頭をかかえちゃうんですよね~。
2007/11/02(Fri) 14:16 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
クリスタルさんへ
先程先生から連絡を頂き、来週にお会いするスケジュールになりましたが、先生の意見もきっちり聞いてこようと思っています。
カブスカウトでもBBガンを使わせるんですね。
それに親戚にはハンティングをする人もいるので、それも含めての話をきちんとしなきゃいけないな、って思うところです。
応援ありがとうございます。
2007/11/02(Fri) 14:20 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
無芸大食さんへ
私も根っからの日本人なので、こう言った話が持ち上がる度に考え込んでしまうんです。
夕べもダンナと話したけど、根本的に見方が違うのだから、話しても話しても出口がないんですよね。
ただダンナも護身用として持つ事についてはなんとも言い難いみたいですが。
2007/11/02(Fri) 14:23 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
akkoさんへ
私もここで銃規制をするのは無理だと思っています。
ハンティングに対しての良し悪しは個人の考え方によると思うけど、akkoさんのおっしゃるように、子供の目に触れるような広告は避けるべきだと思いますね。
2007/11/02(Fri) 14:26 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
とくだいままさんへ
え?ちょっと待ってください。
誕生日に銃を、って・・・本物じゃないですよね?
確かに猟銃は違うんだ、って教えても、犯罪の武器にもなるんですよね。
こう言った事に関してはどう言う風に教えて行くのが正しいのか、本当に考えちゃいます。
だじゃれパパさんから頂いたコメントにあるように、法を交えて話すのが、うちのように小さい子には適切なのかもしれないな、って思っているところです。
2007/11/02(Fri) 14:31 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
銃の所持。とっても難しい問題ですよね。
獲物を狙う!一言で言ってしまえばそうでしょうが、
今と昔は違え、歴史も含めて学ばねば。
ハロウィンの時期になると、思い出される事件「服部君事件」
一般人が、犯罪者から身を守るために銃を所持してしまうと
「目には目を・・・」の世界になって悪循環になっていく気がします。
何故、銃はダメなのか、猟銃は存在するのか、
1つ1つ丁寧にゆっくり勉強していきたいですね^^

ブドウ球菌。知られてないけど、意外と身近な菌です。
そうそう、検査学校の学生だった時、先生が
「鼻クソほるとブドウ球菌が手につくからダメダ」って言ってました。
2007/11/02(Fri) 15:06 | URL  | サリー #sCdCES4I[ 編集]
アメリカで銃の所持について語るのは難しいです。
私も個人的には無くても良いんじゃないと思いますが、
reeさんのご主人の言い分も良く分かるのです。
アメリカの歴史背景があります。
日本人が魚を取って生活してきたように
アメリカの先祖達は、猟をして生きてきました。
日本人に「魚を釣るな!」と言えないように、
アメリカ人に「猟を完全に止めろ!」とは言えないと思う。

今回の状況で、一番間違っている事は、
子供が何故、容易に銃を持ち出せたか・・・。
銃を保持する人達は重大な責任があります。
安全に銃を管理する事です。
「子供が銃を学校に持ってきて、何故悪い!」
このような発言をする人には銃を保持する資格は無いです!
ポチポチ!
2007/11/02(Fri) 15:28 | URL  | Mrs.Krabs #C8yVuyDQ[ 編集]
銃の所持は絶対に反対!
でも猟に関しては難しいですね・・・。
やっぱりもともとある文化が日本とは違うし・・・。

でもでも、私の感覚では猟も護身用の銃も持たないのが一番!です。猟はOKっていう風に分けてたらいつまでたっても銃社会は終わらないんじゃないかなあ。なんて思いました。

ブドウ球菌って、感染症になってしまうんですね!
知りませんでした!
2007/11/02(Fri) 16:50 | URL  | じゅあもんママ #-[ 編集]
なかなか遊びにこられなくてごめんなさい。

銃の問題って難しいですよね、特にそちらでは。
ドイツは護身用の銃は規制されてますが、猟銃は認められています。
日本と同じような感じでしょうか。
あまり銃を身近に感じることはありません。

その担任の先生の真意、知りたいですね。
そんなことを言うろくでもない大人がいるんだってことを
言いたかったんでしょうか?

しかし、そんな大人が銃を所持してること自体恐怖ですよね。

2007/11/02(Fri) 18:55 | URL  | ちゃーち #X/b1JaX2[ 編集]
アメリカに行ったことのない私の勝手なイメージは
アメリカの各家庭には必ず護身用の銃があると思ってました
「アメリカ=銃社会」自分の身は自分で守るといった感じで

ここで注意したいのが、子供達が猟ということより、動物は殺してもいいものだってことだけを理解しないことですね。それが発展して人をまでってことにも・・・よく、残酷なテレビゲームを真似した犯罪なんかがありますよね。猟の銃も使い方を間違えれば完全に武器ですものね。もちろん、これはreeさん家庭を指して言ってるのではなく、アメリカ銃社会ってことにコメントさせてもらいました

2007/11/02(Fri) 20:33 | URL  | 牧場の坊っちゃん #-[ 編集]
サリーさんへ
去年、ここから約20分のところの中学でもスクールに銃を持って来た子がいて、最終的にはスワットまで出動する大騒ぎになり、他生徒を巻き込んで自殺するってほのめかしたばっかりに、スワットに銃殺される結果となったんですが、所持してたのはスプレーで黒く塗ったおもちゃだった、と言う、大騒ぎしたばっかりに追い詰められた悲しい結末になったのだけど、これだって銃社会じゃなければ、こんな結果にはならなかったかもしれない、と思います。

え?鼻くそでですか?
小さいこの中には食べちゃう子もいるじゃないですか?
そしたら彼らは一体・・・?
2007/11/02(Fri) 22:02 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
Mrs.Krabsさんへ
そうなんですよ。
猟を実際にして来た先祖を持つから、私にとって子供達にこの件について教えるのが余計ややこしいって言うか、自分の中でもモヤモヤしちゃう部分もあるんです。

銃規制が難しいだろうな、とは実際思いますけど、せめてもっと厳しくても・・・と思います。
ここに住んで子供が銃を手にするニュース、最近特に多いんじゃないかな、って思います。
おっしゃるように管理が一番の問題点だと思っています。
応援ありがとうございます。
2007/11/02(Fri) 22:07 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
じゅあもんママさんへ
先祖もして来て、義父も親戚もして来た猟。
これも正しく教えなきゃいけないな、って今回は思いましたね。

私も銃はそれを必要とする職務の人だけ所持すればいいもの、と思っています。
でも実際はなくならない事とも思ってます。

ねぇ、私もビックリ、ブドウ球菌ですよ~。
しっかり手洗いももう一度教えなきゃ!!
2007/11/02(Fri) 22:11 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
ちゃーちさんへ
ドイツは安全なんですね~。
そんな風にこちらももっと厳しくすればいいのに・・・。

先生とは来週末に面談の約束を取ったので、じっくり聞いて来るつもりです。
そうじゃないと心の中がモヤモヤした状態が続くので。
ろくでもない大人はいーっぱいいるけど、例にしてはちょっと納得出来ませんでしたから。
2007/11/02(Fri) 22:23 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
牧場の坊ちゃんへ
私も初めはそう思っていました。
アメリカの家庭には銃がある、って。

そうなんですよ。動物を殺してもいいんだ、って考えを子供達に持って欲しくないんです。
猟だってするようになって欲しくないし。
猟銃でもそれを犯罪に使おうと思えば使えるんですからねぇ。
この辺の話し具合がなかなかダンナと噛みあわなくて、子供に話す前に夫婦間の話をきっちりしなきゃいけないんですよ~。
2007/11/02(Fri) 22:27 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
(n‘∀‘)ηこんにちはっ
動物にも赤い血が流れて自分と同じように傷つけられたら痛いって思うんだってことは頭じゃなくて肌で感じてほしい事ですよね。普段私達も肉を食べてるけど、だからこそ私達もその命を無駄にしないで一生懸命生きなきゃいけないですよね。
私も子供がゲームで動物を殺すような子にしたくないです。

応援( ´∀`)σ凸ヾ(・ω・*)っと
2007/11/03(Sat) 00:14 | URL  | 美肌コスメ♪あり #-[ 編集]
ワタシが小さい頃、実家の父が猟をやってました。
押入れの金庫に弾が保管されてたのを覚えています。
記憶にはないのですが、父は銃の事故にあい入院して以来
猟友会も脱退し、飼っていた猟犬も人に譲り、それっきりです。
(犬を可愛がっていた妹は大泣きでしたね~)

「生き物の命を面白半分に奪っていたバチが当たった。」と
ぽろっと言った事がありますが…
獲物をうまうまと食べてたワタシはいったい?
そして父は猟銃を捨てて「釣竿」を手にするのでした。
魚の命ならいいんかい?…美味しいけど。

話はそれましたが、ワタシも「護身用」の銃は反対です。
その名目で、簡単に銃が手に入ってしまうから。
でも子供達にどうやって教えていくか…は、まだ
自分自身の考えがシッカリ固まってないんです。
2007/11/03(Sat) 01:09 | URL  | かえるのりんりん #-[ 編集]
美肌コスメ♪ありさんへ
カブスカウトでBBガンの使い方をこの夏習ったんです。
中にはゲーム感覚でBBガンを使用する人(子供)もいるので、それを正しく教えて行くのが最初に必要かな、って思っているところです。
応援ありがとうございます。
2007/11/03(Sat) 09:28 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
かえるのりんりんさんへ
私は田舎の生まれなので、私の親戚にも猟をしてた人がいるんですけど、剥製にしろ、見るのも怖かったんですよ。
一時期なんてお肉までダメになった事があります。
父が「我々人間の為に差し出した命なんだから、大事に感謝して食べれば、彼らは幸せなんだよ」って言ってくれて、それで又食べれるようになたtんですが、動物にとっては幸せかどうか・・・と思いますが、父なりの気遣いだったと思っています。
2007/11/03(Sat) 09:32 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
銃というのは「強い力」だと思います。私も男なのでなんとなくなのですが

男の子は「強い力」に憧れなどを持つことがあると思うのですよ。

強い力を持つ人は責任を負うことを教えなければならないと思います。

「ターゲットが獲物だったら大丈夫じゃないの?」という言葉は

銃をどんなものか理解してないからこそのセリフだと思います。

刃物などは相手を殺す気で振りまわさなければ十分な威力を発揮しませんが

銃は簡単に人を殺してしまえる道具です。力なんてほとんどいりません。

触れないようにさせるのは当たり前ですが、何よりも銃の恐ろしさを

教える必要があると思います。

今後銃をカッコイイと考えているようでしたら要注意です。

武道などを習い銃に頼らない純粋な肉体の強さを得ることができれば

銃を持ちたいと考えないようになると思います。

銃を肯定している人たちに銃がダメだといっても無駄なのです

なぜなら銃を持って強くなった(と勘違いしている)自分を否定されている

と思って反論してくるからです。

男は自分の強さを否定されることを嫌う生き物ですから・・・
2009/04/01(Wed) 23:54 | URL  |  #-[ 編集]
名無しさんへ

そうですよね。
全くもっておっしゃるとおりだと思います。
この記事を書いた後、突っ込んで話した機会があったんです。
まだまだ理解し切ってないようですが、諦めずに教えて行きたいですね。
コメント、ありがとうございました。
2009/04/02(Thu) 21:28 | URL  | ree #nJDHedgo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。