[【edu ブログで子育てエピソード】] by のんきなフロリダ暮らし
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月23日 (土) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    



いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!





今回のedu[エデュー]7月号のテーマは


『子どもの「できない」を「できる」に変える魔法』



我が家では頑張るチャー坊がいるから、そのお話をしようと思います。


左カテゴリーにありますが、チャー坊は発達性発語失行症(アプラクシア)と言う、言葉の障害を持ってました。

約6年間のセラピーで、今はセラピーの必要もなく、普通に過ごしてますが、チャー坊、努力すれば報われる事を肌で感じてるだけに


出来ない


って初めから言った事がないんです。
がんばって、がんばって、その結果の 出来ない はあるけれど


チャー坊には無理なんじゃない?


って私が言うと


出来るよ!!


そう答えが返って来るんです。


親ばか発言ですが


そんなチャー坊、私はすごいと思います


その度に、本当は励まさなきゃいけないはずの私の方が勇気付けられてます。


出来ないを出来るにする魔法、チャー坊にはあまり必要ないけど・・・



なんでもかんでもやる前から出来ないと思い

込んでるにんにん




一度つまづいちゃうと、その事に対して恐怖心が芽生え、どう励ましても無理なにんにん。


ひとつ苦手な事が、ほんのちょっとでも前進するたびに



すごいじゃん!!

よく出来たね~、えらいねぇ

さすが大きいお姉ちゃんだねぇ



これでもか!!って思うくらい大袈裟に褒め上げおだて上げてるの。

逆に出来なくても叱らない。

が、これがなかなか大変で、イライラしちゃって、叱っちゃう事もあるんですよね~。
私も只今修行中です。



さて、今日はイライラしないで、にんにんの引き算の練習、一緒に頑張ってみようかな。


「できない」を「できる」に変える魔法は親次第

「できない」事を攻めず、「できる」「できた」事を過剰に褒めると

次の「できない」の時への自信に繋がるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
2009年04月25日 (土) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    



いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!






今日の話題は、紹介していただいてる eduさん の6月号のテーマ


『新学期の人間関係 先生との距離、ママ友との距離』



ここでの新学期は8月ですが、ちょっと書いてみたいと思います。


子供達が入学、及び進級する新学期は、親にとってもドキドキもの。

ここでは毎年クラス替えもあるし、先生方もそれぞれの受け持ち学年が決まっているので、担任の先生も変更になります。


先生をここではリクエスト出来る事もあるし、クラスメイトをリクエストする事も出来ます。

なので事前に、うちより上の子がいるママ友に、先生について色々聞くようにしてるの。
先生によっては、授業は問題ないけど、ヒステリーがち、って言う先生もいれば、いい先生だけど優しすぎる、って声もあるからね。


が、勿論リクエスト通りに行かない事もある訳で・・・。


うちではダンナがSAC(予算委員会みたいなもの)のメンバーだし、カブスカウトのリーダー。
私がガールスカウトのサブリーダー。
そして家で出来るボランティア(クラフトの用意など)もしてます。


こんな感じに学校にちょくちょく顔を出したり、参加する事によって、先生方とも顔見知りになったり、校長とも円滑な関係になったり。


ガールスカウトのある日は、早めに学校に出向き、クラスから生徒がいなくなった頃、それぞれの担任の先生とちょっとお話。

問題がないかどうか直接話す事が出来ます。


例えば問題があっても、日頃こんな風にコミュニケーションを取っていると、先生もすぐに対処してくれたり、エコヒイキかもしれないけど、やはり気に掛けてくれかたが違うの。

つまり親がどれだけ子供に関心を寄せているか、どれだけ学校側に参加してるか、だけで大きな違いが、先生との関係にも関わるし、子供同士のいじめ予防にもなるらしいです。


ついこの前も、SACミーティングにダンナが出席した時、校長先生から


「子供達の先生、リクエストはありますか?」


って聞かれたって言ってました。




ママ友とは、これが私にとって一番のネック。

やはり日本人と言う事で、話しかけてくれるけど、それ以上親密にはならないの。

スカウトの中では親密にお付き合いしてるママ友がいるけど、クラスメイトの親とは、会えば挨拶程度。

だからこそ上手く行ってるのかもしれないな、って思います。


時々、近所のママ友がバスを待ってる間、たまーにこぼすんだけど、ママ同士の関係って、日本のママ同士の関係とそう変わらないみたい。


だから親密になろうとも、噂になって困るような事は絶対話さないし、誰かと噂もしない。
誰かの悪口も絶対言わない。


これは学校だけじゃなく、社会での、どんなお付き合いにでも言える事じゃないかしら?


あ、勿論信用してて、大丈夫な友達には話すけどね。
でもそこでも悪口は禁物。


特に注意したいのは、現地校でのママ友じゃなく、補習校のママ友だと、前に友達が話してた。
日本人の少ないこの辺では、結構繋がりがあるようで、すぐに噂になるんだって。
しかも自分の知らないところで、知らない人達に噂されてた・・・って事もあるらしい。


うちは補習校に入れてないから、その辺はよく分からないけど、日頃お付き合いのある日本人の友達、誰一人噂話も悪口も言わないので、私は周りに恵まれてますね。



人の悪口を言うと、自分もどこかで言われてるわよ


昔、仕事の先輩に注意された時のこの言葉、今でも心に留めてます。




*週末なので、訪問の方、ゆっくりになります
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
2009年03月29日 (日) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    



いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!





*春休み中につき、訪問のペースがゆっくりになります。
 昨日は本当は義父の大好きな手作りパンを焼いて、夕ご飯に訪ねる予定でしたが、調子が悪く
 今日に延期。
 昨日は急遽予定変更で、出掛ける事になり、応援だけの訪問ですみませんでした。
 



edu5月号 の特集は 『お金をかけずに学力を伸ばす 小学生時代の過ごし方』


これは過去に書いたものとダブってしまうけど、まずここでは塾通いそのものがありません。
大都市に行けば塾通いをしてる子もいるようですが、ここで現地校以外と言えば、日本補習校くらいでしょう。

一応公文もありますが、行かせている家庭はそうないみたい。
少なくても子供達の周りでは聞きません。


日本補習校にも行かせてないし、学校以外の勉強はしてない我が家ですが、ダンナも私も


学校の勉強をきちんとし、理解が出来てれば 

プラスαは後からついてくるもの、と思ってます。


勉強する場所はキッチンのテーブル。

ここなら目も行き届くし、料理をしながらでも勉強を見る事も出来ますから。


それにこれも前に書いた事があるけど


たっぷり睡眠


基本的に子供達のベッドタイムは8時半、6時半起床だけど、カブスカウトだ、サッカーだバスケだってなると、この時間にベッドに入れない事も出て来ました。
そんな日でも9時半には眠りに就く様、その夜のシャワーは翌朝に回して寝せるようにしてます。

睡眠不足は集中力が欠けますものね。


そして 毎日の読書


本を読むと言う事は、本から得られる知識だけじゃなく、文法も、読み方も得られると思ってます。
宿題が終ってから、10分でも20分でも読書をさせるようにしてます。



などど、なんだかんだ偉そうに書いては見たけど、現実はなかなか難しい。

言わなきゃ宿題はしないし、言ってもダラダラ。


先日cheenamamaさんがブログで、3年生で勉強が嫌いになって成績がぐーんと下がる とおっしゃってました。

3年生の1年間が境目になるみたいですね~。

cheenamamaさんは英語をお子さん達に教えていらっしゃる、かわいい女の子とお兄ちゃんの2人のママ。
国際結婚カップルです。

cheenamamaさんのブログは  ゆる〜い家族とココマリン


そこでチャー坊の3年生である今期を振り返り・・・


先生にすごく恵まれた

今までのスピーチプログラムを終了した

まだ2学期までだけど、これまでの成績はストレート

親のサポートは必要だけど(特に父ちゃんの)サポートすれば理解力は十分ある



我が家でお金がかかってるのはスポーツとにんにんのダンスのみ。
(スポーツも大事、大事・・・)

その他はお金をかけてないけど、チャー坊はちゃんと答えてくれてると思います。
まぁ、この先はどうなるか分からないけど・・・。
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
2009年03月08日 (日) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    


NZに住むKayちゃん がバナーを作ってくれました。

いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!





eduさんの今月のテーマは

求めない子育ては子供を伸ばす

らしいけど、子供に求めない親っているのだろうか?


特集はここで読めます  みんなの子育てエピソード


私は求めてる

だから子供達が答えてくれる


そう思ってます。


言葉に障害があるチャー坊。
話して欲しいから、どんなにチャー坊が嫌がってもセラピーに連れて行き、結果今では普通の子に追いついたし、それだって求めたから得られたもの、と思ってる。


私は親に放って置かれた子供です。
仕事を持ってたから仕方なかった、と母は言うけれど、一度も


勉強しろ とか 一番になりなさい とか、そう言った言葉を言われた事がありません。

それはそれで気楽だったけど、期待されてないんですよ、もともと。
期待もされてないけど、諦められてもいない状態。


これが子供心にどんな傷を残すか分かりますか?


愛情がなかった訳ではない両親だけど(特に父は子煩悩な人でしたから)


私は必要ないの?

私はどうでもいいの?



って思っちゃう。


親に私と言うものを否定されてるんじゃないか?


そう疑問に思った時期もあったんですよ。
ま、両親はそんな事、露ほどにも思ってなかったんですけどね、子供心はそんなにも繊細で、親からの注意を自分に向けて欲しいものなんですよ。




でもね、求めすぎてはいけないと思う


特にチャー坊はストレスによる自家中毒を持ってるし、にんにんは極度にプレッシャーを感じる。


バレエだって、親ならば、トゥシューズをいつかは履いて踊る姿を見てみたいって普通は思うでしょう?
だから前はもっと本格的な教室に変えたい、って思った事もあったけど、一時すごいストレスで、泣いてばかりだった事があってから、本人が楽しんで踊るならそれでいいや、別にプロになる訳じゃないし、って思えるようになったの。


サッカーだってバスケだって、そもそもは学校に体育の時間がなかったから始めたもの。
上手にならなくてもいいから、継続して欲しい。


でも


学校だけは別よ。

宿題はきちんとさせてるし、分かるまで付きっ切りで教えてる。
宿題を終らないうちは遊べないし、ゲームは週末以外禁止。

学校以外の勉強はさせてないけど、それさえきちんとやっていればいいかな、って思ってる。
付きっ切りなのは、そうしないと脱走するから、ってのもあるけどね。

それに勉強をしないまま大きくなって、困るのは本人だもの。
それについては2人もよく分かってる。


獣医になりたいとにんにんは言っている


まだなりたいものは決めてないけど、チャー坊だって、どの道に進んでも、後悔しない学力は身につけて欲しい。

本人もストレートAを取る事を目標にしてるし、実際頑張ってるの。


こんな風に記事内容を考えてたら、一足早く友達のロッキンちゃんがこのタイトルでアップしたのね。

読んだら、考え方って言うか、子供に対する姿勢が似てたのよ~。


その時のロッキンちゃんの記事
           
【eduブログ子育てエピソード】『求めない子育てで子どもを伸ばす』



ロッキンちゃんは女の子2人。
お料理が上手で、いつもママとしても頑張ってる彼女です。


ロッキンちゃん、他のママさん&パパさん達も

がんばろーね~!!




テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
2008年12月28日 (日) | Edit |
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    

NZに住むKayちゃんがバナーを作ってくれました。

いつも応援ありがとうございます。
お邪魔した際に、応援 とは特別書いてませんが、ランキングに参加されてる方のところでは、ちゃんと応援ポチ★してますからね~!!





折角eduさんの紹介されたので、今月のテーマ

ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」

『脳にいいこと、悪いこと』 に投稿してみます。


はて、脳にいいこと、我が家ではしているだろうか?



はい、ハッキリ言って思い当たりません


こう書くと、ここで終わりになっちゃうし、投稿の意味がなくなるので、本当に些細な事を。


食事の際、肘をテーブルにつかない
背筋を伸ばして食べる


これはお行儀も大事だけど、背筋を伸ばす事によって消化が促されますよね。
消化がいいって事は自ずと脳にもいいんじゃないか、と勝手に解釈しております。



そして一番大事なことは

タップリ睡眠、出来るだけ10時間以上寝せてます

寝る子は育つとはよく言ったもので、寝る子ほど脳が活性化されるらしいですね。

私は寝すぎでボケて来てるけど・・・


そして最近気をつけてるのが、親戚がどなたかの講演に行った際


宿題の前に楽しい話をする
楽しかった事を思い出させる


そうする事によって、子供のやる気が出て来るんですって。
これは寝る前の子供達もそうですよね。
楽しい状態で眠りに就くと、ぐっすり安心して寝ますもんね。

でもこれは毎日実行出来てません。
用事がある時や忙しい時は、ついつい

「早くしなさい!!」

って言っちゃうし、楽しいお話に執着しちゃって、結局泣きながら宿題をするほうがまだまだ多いです。



あ、あと興味のある事は、出来る範囲で付き合ってます。


好きこそ物の上手なれ


って言うように、興味のある時に興味のある事は夢中でするのが子供です。

特にうちではチャー坊の発達障害が分かった時、日本語をチャー坊に一切使わなくし、英語が苦手な私も英語オンリーに切り替えたんです。


それがここ最近日本語に興味を持ち出し、この冬休みは短時間だけだけど、日本語を教えてます。


父ちゃん、誕生日でもないのに


7710812.jpg


こんなのをチャー坊に与えたんですよ~。


幸いここは自然が多いので、自然から学ぶ事も多く、今年の夏休みは卵から成虫の蝶の観察も出来たし、自然界におけるピラミッドも自然の中から理解しました。
これも子供達が自然に興味を持ち、疑問があればその都度義父なりダンナなりが教えてるから。



そして運動も大事

サッカーに、そして来月からはバスケと、2人の興味のあるスポーツ、これからもどんどんさせたいですね~


我が家の場合はこんな感じでしょうかね。


あーぁ、真面目に書いたら肩凝っちゃったわ!!


でも、こんな内容でも投稿しちゃっていいのかな?
きっと他の方ってきちんと取り組んでるんだろうな。

ここでは塾もなければ受験もない。
なので与えられた事だけはきちんとさせ、あとはゆる~く過ごしてます。


いいのか、これで?
テーマ:海外生活
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。